結婚式の準備で予算と手間削減のつもりが、ついこだわってしまう事3選!

ハンドメイド派?依頼派?招待状

結婚式の準備はけっこうやることが多くて大変なものです。少しでも時間と予算は削りたいと思っていても、実際に準備に時間も手間もかかってしまって大変だったというカップルも多く、その中でもよく聞かれるものを紹介します。まず一つ目が招待状です。ネットや式場のカタログで注文する依頼派が多いと思いますが、手作り感にこだわりたい人向けに最近はクラフトやシール、スタンプなどでデコレーションして作成する方法もあります。自分の思い通りにデザインができて作業が好きなハンドメイド派にとっては楽しい気分になれる時間になりそうですね。招待状を受け取る側にとっても手作り感のこもった招待状の方が特別感を感じて嬉しさ、喜びが増す人もいるかもしれません。しかし、何といっても手間と時間はかかります。材料費も素材などにどのくらいこだわるかによっては印刷代より費用がかかってしまう可能性もあります。招待状はゲストへ来て欲しいという想いを伝えるものなので、シンプルなのか手の込んだものかでも印象はだいぶ変わります。招待人数が多い少ないによって、また手作りにこだわりたいという方は招待状から手作りするのも良いかもしれません。

二人らしさがよく出るウェルカムボード

ウェルカムボードは新郎新婦がゲストを結婚式会場に迎えるにあたり、会場演出の一つとして入口に置くものです。ほとんどが手作りなことが多いようです。ウェルカムボードの作り方は様々にあり、アイディアと工夫次第で豪華なものだったり、アート作品のようなものができたりします。友人や専用業者に頼んだり、参列するゲストにメッセージをその場で書いてもらって徐々に完成させる方法もあります。新郎新婦のセンスもよく出るので、ウェルカムボード作成にこだわるカップルも多いのではないかと思います。完成したウェルカムボードは世界に二人だけのもの、生涯の記念になります。結婚式後に家に飾る夫婦もいるので、二人らしいウェルカムボード作成に時間や手間、費用をあえてかけるのは良いのかもしれませんね。

新郎新婦のプロフィール紹介映像

映像作成は専門業者に頼むとけっこう費用がかかります。パソコンの扱いができれば、費用削減で自分達で作成するカップルも多いです。幼少期から結婚前までの写真や映像を組み合わせ、そこに文字を入れたり音楽をつけたりします。映画風や写真をスライド式にしたり、構成方法も様々あります。招待するゲストに二人の生い立ちや出会いなどをわかりやすく紹介するのでストーリー構成やまとめ方にも技術やセンスが必要です。手間と時間削減に専門業者ではなく二人を良く知るお友達に集めた写真や映像を渡して作成をお願いするケースもありますし、サプライズでゲストや家族が作っているなんてこともありますが・・。プロフィール映像の作成はこだわればこだわるほど、時間と手間がかかり作業は大変になるものと認識しておいたほうがよいでしょう。しかし、ゲストにとってプロフィール映像は披露宴の余興で意外とつまらないものランキングの中に入りがちなので、あまり質素すぎてもゲストは楽しめないようなので、工夫ある映像の作成を目指してみてはいかがでしょうか。

お台場の結婚式場では、海やオシャレな建物をバックに記念撮影をしてくれるところがあり、思い出に残ります。